メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護保険料

月5869円 高齢化進み導入時の倍 18~20年度

都道府県の平均介護保険料

 厚生労働省は21日、65歳以上の高齢者が支払う2018~20年度の介護保険料(月額)の全国平均が5869円になったと発表した。前期の15~17年度に比べ355円(6・4%)上昇した。急速な高齢化で介護サービスの利用が増え続けていることが主な要因で、介護保険制度の導入時から比べると2倍になった。【原田啓之】

 各市区町村(1571団体、一部広域連合を含む)は3年に1度、提供される介護サービスの量を予測して保険料を見直し、厚労省が集計している。制度が導入された00年度の要介護・要支援の認定者数は256万人だったが、今年2月には640万人にまで伸びており、全国平均の保険料も当初の月2911円から倍増した。保険料は今後もさらなる引き上げが見込まれ、厚労省は25年度に6800~7200円、40年度に8600~…

この記事は有料記事です。

残り1197文字(全文1551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. ホンダが準決勝進出 先発・朝山が好投 西部ガス敗退 都市対抗

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. 「ご説明したい」小室圭さん見解全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです