介護職員

25年度、34万人不足 団塊世代への対応増え 厚労省推計

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は21日、今後の介護職員の需要推計を発表した。2025年度に必要となる介護職員は約245万人で、約34万人が不足する見通し。介護需要に労働力の供給が追いつかず、十分な介護サービスの提供が困難になると懸念される。

 25年には団塊の世代(1947~49年生まれ)が75歳以上の後期高齢者に達し、訪問介護や入所施設など求められるサービス量は増える。16年度の介護職員は約190万人で、現在の就職率や離職率を基に推定した25年度の介…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文547文字)

あわせて読みたい

注目の特集