メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住・LIVING

自宅にボルダリング壁 するする登って心わくわく

リビングのボルダリング壁に挑む子どもたちを見守る中村亮太さん(右)=水戸市で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 ボルダリングなどの「スポーツクライミング」が、2020年東京五輪で初めて正式種目となる。その影響か、ホールド(突起物)を取り付けたボルダリングの専用壁を自宅に設置、楽しむ人も現れた。その魅力、設置方法は--。

 休日の朝、部屋に子どもたちの歓声が響く。「簡単だよ。とっても楽しい」。東京都世田谷区の富澤健太さん(6)は、双子の妹、花奈(はな)ちゃん(3)と紗楽(さら)ちゃん(3)を手伝ってボルダリング壁で遊ぶ。幅1メートル20センチ、高さ4メートル30センチある壁も、健太さんは約30個のホールドを頼りに、するすると天井までよじ登る。「我が家の楽しいアイテムです」と父正行さん(42)。

 新築した木造3階建ての家は、2階を仕切りの無いワンフロアにし、ボルダリング壁を設置した。この壁から…

この記事は有料記事です。

残り1534文字(全文1894文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです