特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

旧優生保護法

「強制不妊手術」 電話相談 救い求める声55件

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 障害者らへ不妊手術を強制していた旧優生保護法の問題を巡り、全国35都道府県の弁護士らが21日、全国一斉の「優生保護法ホットライン」を実施した結果、同日中の集計で55件の相談が寄せられ、同法に基づく不妊や中絶手術を受けたとみられる当事者本人からの相談も約20件あった。

 ホットラインを取りまとめる仙台弁護団によると、主な相談件数は▽東京12件(当事者8件)▽宮城8件…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集