アメリカンフットボール

悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大との定期戦(6日、東京)で、悪質なタックルで相手の選手を負傷させた日本大の守備選手が22日午後2時過ぎから東京都内で記者会見を開くことになった。代理人が21日、明らかにした。悪質なタックルは19日に辞任を発表した内田正人前監督らの指示によるものと主張する。

 代理人は「監督・コーチの指示の有無、具体的状況について、できる限り事…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

あわせて読みたい

注目の特集