メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

インターンシップ本格化 はやくも「20年卒」がスタート

え・葛西りいち

 現在4年生の2019年卒就活がヤマ場を迎えつつあります。が、実はその一方でもう始まっているのが、現3年生の20年卒就活です。

 20年卒用のインターンシップは、この夏に向けて本格的に動き出します。6月1日には、主要な就職情報会社が関連情報を掲載する「インターンシップサイト」がそれぞれオープン。これに合わせ、各企業がどんなインターンシップを行うかを合同で説明する「インターンシップ合同説明会」も各地で開催されます。「みん就」(楽天)が5月に東京、大阪で一部実施しているのをはじめ、6月に入ると関西などでも「リクナビ」「マイナビ」「キャリタスナビ」「あさがくナビ」といった大手によるインターンシップ合同説明会が目白押しです。有名企業も参加することがあり、学生たちは早くからチェックしていることでしょう。

 このインターンシップ。リクルートキャリア・就職みらい研究所の「就職白書2018 インターンシップ編」調査によると、14年卒業者でインターンシップに参加した学生は23・9%。それが、16年卒39・9%、18年卒55・2%と伸び、半数以上の学生が参加するまでになりました。また学生がインターンシップに参加した企業の数も16年卒が平均2・3社だったものが18年卒は3・3社に増えています。

この記事は有料記事です。

残り1488文字(全文2030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです