メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワーキングプレース・就労の現場から

面談通じ悩み、不安を解消 キャリアカウンセラー・松島朋子さん

 就職活動のさまざまな段階で生じる悩みや不安の解消を、面談を通じてアシストするキャリアカウンセラー。大阪府の就職支援施設「OSAKAしごとフィールド」(OSF=大阪市中央区)でカウンセリングを担当する松島朋子さん(52)に聞いた。【神崎和也】

 大学の事務職員として勤務した26年間のうち、延べ15年にわたり携わったのが学生の就職・進路関連の仕事だった。「志望も定まらなかった学生が、就職活動の中で成長していく姿を見ることが自分の勉強にもなり、楽しかった」という。

 そんな志向を自ら選択・実現できる仕事をしたい、という思いもあって退職。民間のキャリアカウンセラー養成講座に通い、実践訓練などを重ねた。2016年に新設された国家資格「キャリアコンサルタント」も取得。昨年2月に府の非常勤職員として採用された。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです