順天堂大研究

やせた50~60代女性、糖尿病リスク高く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 やせた50~60代女性は糖尿病の発症リスクが高くなるとする研究結果を、順天堂大のチームがまとめた。年齢と共に糖を蓄える筋肉が減ったり、筋肉が糖を取り込みにくくなったりするためとみられる。チームは、適度な運動やバランスのよい食事を進めて筋肉の量と質を高めるよう訴えている。

 糖尿病は、男女を問わずやせている方が発症リスクが高いことが知られている。だが、その要因まではこれまでよく分かっていなかった。

 チームは、体格指数(BMI)が18.5未満のやせた女性で、20代の31人と、閉経後の50~65歳の30人に、ブドウ糖溶液を飲ませてから血糖値がどう変化したか調べた。すると、閉経後の女性の37%に血糖値が正常より高い耐糖能異常がみられた。

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文589文字)

あわせて読みたい

注目の特集