新潟知事選

「原発」再び争点に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新潟知事選候補予定者の原発に関する主張
新潟知事選候補予定者の原発に関する主張

自民、あいまいに  野党、検証作業「最低3年延長」

 新潟県の米山隆一前知事の辞任に伴う知事選が24日告示される。自民党が支援する前海上保安庁次長と野党6党・会派が統一候補として擁立した女性県議との事実上の一騎打ちとなる見通し。注目される原発政策では、野党が再稼働の判断を仰ぐ県民投票をちらつかせ脱原発色を強めているのに対し、自民党は原発を争点にしないよう腐心している。【竹内望、堀祐馬、南茂芽育】

 知事選には前海保次長で元副知事の花角英世氏(60)、社民党系県議の池田千賀子氏(57)が立候補を表明している。花角氏は自民党が全面支援し、池田氏は、立憲民主、国民民主、共産、自由、社民の5党と衆院会派「無所属の会」が推薦し、与野党対決の構図となっている。6月10日に投開票される。

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1460文字)

あわせて読みたい