メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
核合意離脱

欧州企業 イランから撤退続く 米制裁を警戒

 【ワシントン会川晴之】欧州企業のイランビジネスからの撤退表明が相次いでいる。トランプ米政権が8日、主要6カ国(米英仏独中露)とイランが2015年に結んだ核合意からの離脱を表明、イランへの制裁復活を宣言したことに警戒を強めているためだ。核合意維持をイランと確認するなどトランプ政権の暴走に歯止めをかけたい英仏独首脳の思惑と逆行する動きが続いている。

 イランとのビジネスからの撤退を表明したのは、仏石油大手のトタルや、デンマークの海運会社大手のマース…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文970文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです