メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄・市民団体

翁長知事らをノーベル平和賞推薦

ノルウェーのノーベル賞委員会から「書類を受理」連絡

 沖縄で平和に尽力した個人・団体のノーベル平和賞受賞を目指す市民団体は21日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設反対を掲げる翁長雄志知事や沖縄平和運動センターの山城博治議長ら8人と2組織が、今年の平和賞候補に1団体として推薦され…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文354文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです