メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋市

「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲

河村たかし名古屋市長=三上剛輝撮影

 愛知県瀬戸市出身の高校生棋士、藤井聡太七段が18日に史上最年少の15歳9カ月で七段昇段したことを受け、名古屋市の河村たかし市長は21日の定例記者会見で、対局の場となる将棋会館を名古屋市内に設置するよう日本将棋連盟側と協議していることを明かした。

 将棋の対局は現在、タイトル戦を除くとほぼ東京都や大阪…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文367文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです