メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山口・下松

民家にツキノワグマ侵入 捕獲後に殺処分

民家に侵入したツキノワグマ=山口県下松市望町で2018年5月18日午前11時ごろ、読者提供

 21日午前8時40分ごろ、山口県下松(くだまつ)市末武中の橋付近をうろつくツキノワグマを住民が目撃して110番した。クマはその後、同市望町の民家に上がり込んだが、市職員らに捕獲された。住人は避難し、けがはなかった。

 県によると、クマはオスで全長115センチ、体重約40キロの成獣。民家では1階の縁側にいるところを地元の動物園職員が麻酔銃で眠らせ市職員らが捕獲…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  2. 映画 「愛と法」 日本社会の見えにくい問題を可視化したかった
  3. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  4. 全国障害者スポーツ大会 「仮面女子」猪狩ともかさん応援
  5. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです