メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アメフット

日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ

記者会見に臨む関西学院大の負傷選手の父親=大阪市中央区で2018年5月21日午後6時58分、山田尚弘撮影

負傷選手の父親、内田氏から「真実聞けず」

 アメリカンフットボールの定期戦で、日本大の選手が関西学院大の選手への悪質なタックルで負傷させた問題で、けがをした選手の父親(52)が21日、大阪市内で記者会見し、大阪府警池田署に傷害容疑で被害届を出したことを明らかにした。試合は東京都調布市で行われたため、今後、警視庁調布署が捜査する見通し。

 定期戦は今月6日にあり、関学大のクオーターバックの選手がパスを投げた約2秒後、無防備な状態で背後か…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文712文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 県戦没者追悼式 平和、次世代に 水戸 /茨城

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです