アメフット

会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で謝罪する日大の宮川泰介選手(手前)=東京都千代田区で2018年5月22日午後3時2分、小川昌宏撮影
記者会見で謝罪する日大の宮川泰介選手(手前)=東京都千代田区で2018年5月22日午後3時2分、小川昌宏撮影

 今月6日のアメリカンフットボールの試合で、悪質なタックルで関西学院大の選手を負傷させた日本大の宮川泰介選手(20)が22日、東京都内で記者会見し、「けがをさせてしまった関西学院大のクオーターバック(QB)の選手、およびそのご家族、関学大アメフット部、その関係者の皆様に対し、大きな被害と多大なるご迷惑をお掛けしたことを深く反省しております。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。反則行為に至った経緯については、試合前日の練習後、コーチから「関学のQBを1プレー目でつぶせば試合に出してやると(内田正人・前)監督が話していた。『QBをつぶすので僕を使ってください』と監督に言いにいけ」という指示を受けたと話した。会見冒頭にあった宮川選手の代理人を務める西畠正弁護士の経緯の説明は以下の通り。【統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3009文字(全文3370文字)

あわせて読みたい

注目の特集