メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『平凡な革命家の食卓』『吉祥寺デイズ』ほか

今週の新刊

◆『平凡な革命家の食卓』樋口有介・著(祥伝社/税別1600円)

 『平凡な革命家の食卓』というタイトルは、目を引くが中身は分からない。これは樋口有介による、東京西郊(国分寺市)を舞台にした長編で、女性警部補が活躍する、かなり異色のミステリー。

 卯月枝衣子(うづき・えいこ)警部補29歳が勤務する国分寺署は、過去3年間、殺人事件がない。そこへ、元教師の市会議員が急性心不全で急死との報が入るが、事件性なし。本庁捜査一課に栄転を目論(もくろ)む枝衣子は、ありふれた死をなんとか殺人事件に格上げできないかと考える。

 議員邸の前にある安アパートには、華麗なる一族から勘当された小説家志望の男、「一発特ダネ」を狙うライ…

この記事は有料記事です。

残り1527文字(全文1835文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  5. 戦争の不条理 獄中の嘆き 元陸軍大尉が手記「勝者が敗者裁く」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです