SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『平凡な革命家の食卓』『吉祥寺デイズ』ほか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

今週の新刊

◆『平凡な革命家の食卓』樋口有介・著(祥伝社/税別1600円)

 『平凡な革命家の食卓』というタイトルは、目を引くが中身は分からない。これは樋口有介による、東京西郊(国分寺市)を舞台にした長編で、女性警部補が活躍する、かなり異色のミステリー。

 卯月枝衣子(うづき・えいこ)警部補29歳が勤務する国分寺署は、過去3年間、殺人事件がない。そこへ、元教師の市会議員が急性心不全で急死との報が入るが、事件性なし。本庁捜査一課に栄転を目論(もくろ)む枝衣子は、ありふれた死をなんとか殺人事件に格上げできないかと考える。

 議員邸の前にある安アパートには、華麗なる一族から勘当された小説家志望の男、「一発特ダネ」を狙うライター女子が住む。枝衣子は2人を巻き込み、秘(ひそ)かに捜査を続けると、ヒョウタンからコマ。議員の家族の現在と過去から、複雑な人間関係があらわに。

この記事は有料記事です。

残り1455文字(全文1835文字)

あわせて読みたい

注目の特集