メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

本郷 和人・評『敗れども負けず』武内涼・著

「普通の」人生への判官びいきを超えた共感

◆『敗(やぶ)れども負けず』武内涼・著(新潮社/税別1600円)

 判官(ほうがん)びいきという言葉がある。左衛門少尉(高級警察官僚)を判官といい、同職に任じた源義経を九郎判官と呼んだ。成功者たる兄の源頼朝よりも、平家追討の大功をたてながら悲劇的な最期を遂げた義経を日本人は好んだ。転じて、弱い立場にいる者に対して同情する私たちの感性、それを判官びいきと呼ぶ。

 いや、この説明は十分ではあるまい。弱ければすべからく応援の対象になるか、というとそうではない。現代…

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文946文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです