メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

作家・童門冬二さん 流れ星眺めた「本当の夜」

 子どものころから、空や星の本が大好きでねえ。

 幼少時代、つまり90年近くも前のことです。東京・目黒の近くの、家の前の道で、飽きずにいつまでも夜空ばかりを眺めていたものです。

 家の前は原っぱで、道も車なんか通らない。家もまだまだ少なくて。当時は1時間に、五つも六つも流れ星が空を走り抜けるのが見える。冬はオリオン座の三つ星の、すぐ下にオリオン大星雲がぼんやり見えて。そんな夜が、東京にもあったんですよ。本当の夜がね。

 戦争中には、その空へのあこがれから海軍の予科練を志願しましてね。特攻機の、機上偵察員として訓練を受…

この記事は有料記事です。

残り1506文字(全文1764文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  3. 資産家急死 飼い犬死骸を捜索 覚醒剤成分有無を調査へ
  4. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]