メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

作家・童門冬二さん 流れ星眺めた「本当の夜」

 子どものころから、空や星の本が大好きでねえ。

 幼少時代、つまり90年近くも前のことです。東京・目黒の近くの、家の前の道で、飽きずにいつまでも夜空ばかりを眺めていたものです。

 家の前は原っぱで、道も車なんか通らない。家もまだまだ少なくて。当時は1時間に、五つも六つも流れ星が空を走り抜けるのが見える。冬はオリオン座の三つ星の、すぐ下にオリオン大星雲がぼんやり見えて。そんな夜が、東京にもあったんですよ。本当の夜がね。

 戦争中には、その空へのあこがれから海軍の予科練を志願しましてね。特攻機の、機上偵察員として訓練を受…

この記事は有料記事です。

残り1506文字(全文1764文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです