メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

八巻和彦さん(早大名誉教授) 見直されるクザーヌス 「専門領域」への疑問、独で哲学書刊行

 中世哲学、とりわけニコラウス・クザーヌス(1401~64年)の研究で国際的に活動している八巻和彦早大名誉教授のドイツ語論文集が、ドイツの哲学書の名門、アッシェンドルフ出版社の「ヨーロッパ精神史」シリーズの一巻として刊行された。書名は『Anregung und 〓bung(励起と修練)』。およそ30年にわたりヨーロッパ各地のシンポジウムなどで発表してきたものに新たな論文を加えたものだ。日本語の論文をドイツ語にしたものはなくもないが、ドイツ語で書いた日本人による400ページにも及ぶ哲学論文集は従来、見当たらない。

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1252文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです