新著

ノンフィクションの魅力を具体例で紹介 児童文学者・国松さん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 出版不況と言われて久しいが、ことにノンフィクションは「氷河期」とも言われる。そうした中、この分野の魅力を伝える『ノンフィクション児童文学の力』(国松俊英著・文溪堂・2160円)が刊行された。

 著者は1940年生まれの児童文学者。主な著書に『星野道夫 アラスカのいのちを撮りつづけて』『絵本 宮沢賢治の鳥』など。小学6年生だった52年、「毎日小学生新聞」の「豆記…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

あわせて読みたい

ニュース特集