メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新著

ノンフィクションの魅力を具体例で紹介 児童文学者・国松さん

 出版不況と言われて久しいが、ことにノンフィクションは「氷河期」とも言われる。そうした中、この分野の魅力を伝える『ノンフィクション児童文学の力』(国松俊英著・文溪堂・2160円)が刊行された。

 著者は1940年生まれの児童文学者。主な著書に『星野道夫 アラスカのいのちを撮りつづけて』『絵本 宮沢賢治の鳥』など。小学6年生だった52年、「毎日小学生新聞」の「豆記…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです