メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ご当地ナンバー

「知床」「苫小牧」 道内初、20年度導入 /北海道

 国土交通省は22日、2020年度中に交付を始める自動車の「ご当地ナンバー」を発表し、道内では「知床」と「苫小牧」の導入が決まった。年内にはナンバープレートの図柄も決定する見通し。

 道内のご当地ナンバーはこれが初めて。国交省は認定条件を「登録台数がおおむね5万台を超え、地域名の表示が一定の知名度を持つこと」としている。

 「知床」ナンバーの対象となるのは、斜里、清里、小清水の3町(現「北見」)と別海、中標津、標津、羅臼…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです