メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術 厚生省が「無視」助言 県への学会問い合わせ 批判高まる1990年 /青森

 障害者らに不妊手術を強いた旧優生保護法(1948~96年)下で、強制手術の決定がなされた青森県内の20代女性(当時)らについて、日本精神神経学会が90年に事実関係を県に問い合わせた際、厚生省(当時)が県の担当者に「無視する方がよい」と助言していたことが、県が毎日新聞に開示した資料で分かった。当時は同法への批判が高まっていた時期だが、国において障害者に対する人権意識が依然として希薄だったことが浮き彫りになった形だ。【岩崎歩】

 資料によると、同会の「研究と人権問題委員会」(当時)は90年、当時の記述で「知恵遅れ」とされた青森…

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文802文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天気 埼玉・熊谷で41.1度 国内観測史上最高
  2. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  5. 天気 大暑 東京・青梅で40.3度 各地で39度超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]