メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とうほく彩発見/青森

6月から9月まで新講座=高橋興さん /青森

 <TOUHOKU SAIHAKKEN>

津軽弁を「ちょす」 高橋興さん(青森中央学院大経営法学部教授)

 「津軽弁をちょす」は、私が大学で担当する公開講義「暮らしと地域」の特別版として、6月から9月まで毎月1回開催する新講座の名称である。「ちょす」は「いじる」という意味の津軽弁で、ラジオ・テレビやライブなどで幅広く活躍され、本講座のプロデューサー兼出演者である伊奈かっぺいさんが名称の名付け親だ。

 かっぺいさんが代表の「津軽弁の日やるべし会」は1988年、眼科医の傍ら方言の詩作と朗読活動に励み、…

この記事は有料記事です。

残り1370文字(全文1618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  3. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです