メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

結果は国に報告へ 「実態解明には必要」 県立3施設、県が独自調査 /山形

 未成年の知的障害者らが入所する県立3施設で男女111人分の旧優生保護法(1948~96年)関連文書が県の調査で見つかったことを巡り、県は22日、今回の調査結果を国に報告する方針を固めた。国は各都道府県に対し、行政機関が保有する文書について調査を依頼し、施設が保管する資料は対象外だが、県は詳細な実態解明のために必要だと判断した。【松尾知典、二村祐士朗】

 県が3施設を調査した文書を情報開示請求で入手した毎日新聞の調べでは、このうち98人が不妊手術を強制…

この記事は有料記事です。

残り1043文字(全文1270文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 気になる!保育所 おむつ処分 予算がない?
  4. ワンピース 「食戟のソーマ」チームがサンジ描く! ジャンプで連載21周年特集
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]