メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

結果は国に報告へ 「実態解明には必要」 県立3施設、県が独自調査 /山形

 未成年の知的障害者らが入所する県立3施設で男女111人分の旧優生保護法(1948~96年)関連文書が県の調査で見つかったことを巡り、県は22日、今回の調査結果を国に報告する方針を固めた。国は各都道府県に対し、行政機関が保有する文書について調査を依頼し、施設が保管する資料は対象外だが、県は詳細な実態解明のために必要だと判断した。【松尾知典、二村祐士朗】

 県が3施設を調査した文書を情報開示請求で入手した毎日新聞の調べでは、このうち98人が不妊手術を強制…

この記事は有料記事です。

残り1043文字(全文1270文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  4. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  5. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです