日本航空

成田空港就航40年記念式典 藤田副社長「ますます貢献を」 /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 成田空港の旅客1番機を飛ばした日本航空(JAL)の就航40周年記念式典が22日、同空港で開かれた。

 JALは、開港翌日の1978年5月21日にフランクフルト発の到着の旅客1番機を、同22日にサイパン経由グアム行きの出発の旅客1番機を飛ばした。

 式典で、JALの藤田直志副社長が「(成田から)年間500万人以上のお客さまに利用いただいている。さらに成長する成田空港に日本航空はますます貢献したい」とあいさつした。来賓の国土交通省…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

あわせて読みたい

ニュース特集