米海軍

ミリウス、横須賀基地到着 追加配備が完了 /神奈川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米海軍の誘導ミサイル駆逐艦ミリウスが22日、横須賀基地(横須賀市)に到着、米第7艦隊に配備された。横須賀基地を母港とする艦船は13隻となり、追加配備が完了した。

 ミリウスは弾道ミサイル防衛(BMD)対応のアーレイ・バーク級駆逐艦で全長約154メートル。最新鋭の防空、弾道ミサイル防衛、水上・水中戦能力などを備えた戦闘システムが搭載されている。

 アジア太平洋地域を重視するリバランス(再均衡)政策の一環で、横須賀基地へ追加配備されることになった。当初は昨年7月の予定だったが「整備と改修を確実に完了させる」ことなどを理由に延期されていた。艦長のジェニファー・ポンティアス中佐は「ベースライン9という最新鋭戦闘システムを搭載し、あらゆる任務に対応できる」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文448文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集