メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「アオギリにたくして」上映会 広島被爆体験の語り部、故沼田鈴子さんモデル 横浜で27日 /神奈川

 広島市の平和記念公園のアオギリの木の下で被爆体験を語り続け、2011年に87歳で亡くなった語り部の沼田鈴子さんをモデルにした映画「アオギリにたくして」の上映会が27日、横浜市戸塚区の明治学院大学横浜キャンパスで開かれる。大学祭・戸塚まつりに合わせ、同大国際平和研究所が企画。映画の統括プロデューサーを務めた中村里美さん(54)のトークもある。

 沼田さんは22歳の時に勤務先の広島逓信局で被爆して左脚を失い、婚約者も戦死した。自殺することばかり考えていたが、逓信局中庭のアオギリが原爆の熱線にえぐられた幹に新芽をつけているのを見て、生きる勇気を取り戻した。教員を退職後、平和記念公園に移植された被爆アオギリの下で、修学旅行生らに体験を語り続けた。

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 特集ワイド 走れ銚電 コロナ撃退、自虐パワー

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです