メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都大

立て看板規制 「表現の自由脅かす」 弁護士138人が声明 /京都

 京都大による吉田キャンパス(京都市左京区)周囲の立て看板規制を巡り、京都や大阪などで活動する弁護士138人が22日、憲法で保障された表現の自由を脅かす危険があるなどと指摘する共同声明を発表した。京大に対し、立て看板の強制撤去の見直しを強く求めている。同日付で京大と、規制理由である屋外広告条例を定めた京都市に送付する。

 声明は「学生が設置する立て看板は大半が意見表明や学内団体の活動に関するもので、学生の自主的な活動を対外的に表現するもの」とし、言論表現の一つとして憲法上自由が尊重されるべきだとしている。

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  3. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  4. ライブハウス自粛影響調査 困窮浮き彫り 札幌のバンド有志「他業種が声上げるきっかけに」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです