メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なくそう心の段差

身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法16年 「ほじょ犬の日」啓発シンポ /兵庫

2020年東京五輪・パラリンピックに向けての取り組みなどが話し合われた「『ほじょ犬の日』啓発シンポジウム」。補助犬使用者ら多数が参加した=衆院第1議員会館で、高尾具成撮影

日本の制度、周知に課題 東京五輪・パラ見据え意見交換

 22日の「ほじょ犬の日」に衆院第1議員会館で開かれた「『ほじょ犬の日』啓発シンポジウム」には補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の使用者や関係団体など120人以上が参加した。「2020年東京五輪・パラリンピックに向けて一人一人ができることを考えていこう」と学びあった。【高尾具成】

 超党派でつくる「身体障害者補助犬を推進する議員の会」の主催。

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文754文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. トランプ大統領、非白人議員に「国に帰ってはどうか」 投稿に批判噴出
  4. あなたの参院選 氷河期世代の人生再設計は ロスジェネの逆襲も?
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです