メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なくそう心の段差

身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法16年 「ほじょ犬の日」啓発シンポ /兵庫

2020年東京五輪・パラリンピックに向けての取り組みなどが話し合われた「『ほじょ犬の日』啓発シンポジウム」。補助犬使用者ら多数が参加した=衆院第1議員会館で、高尾具成撮影

日本の制度、周知に課題 東京五輪・パラ見据え意見交換

 22日の「ほじょ犬の日」に衆院第1議員会館で開かれた「『ほじょ犬の日』啓発シンポジウム」には補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の使用者や関係団体など120人以上が参加した。「2020年東京五輪・パラリンピックに向けて一人一人ができることを考えていこう」と学びあった。【高尾具成】

 超党派でつくる「身体障害者補助犬を推進する議員の会」の主催。

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文754文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジノ法案 19日にも採決 借金限度額など決めないまま
  2. 東京・目黒の5歳虐待死 SOS届かず 「パパいらん」「パパがたたいた」訴えたが きょう起訴判断
  3. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  4. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間
  5. 第100回全国高校野球 地方大会 西東京 14日

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]