メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

八木新宮特急バス

6時間半のスロー旅 紀伊半島縦断166.9キロ、日本一長い路線バス 奈良交通 /奈良

十津川バスセンターに停車中のバス=奈良県十津川村で、北林靖彦撮影

 橿原市の大和八木駅前と和歌山県新宮市の新宮駅前を結ぶ「八木新宮特急バス」(奈良交通)は、走行距離166・9キロ、停留所数166、所要時間6時間半で、いずれも一般道の路線バスとしては日本一の長距離路線だ。どんな人がどんな思いで乗車しているのか。雄大な景色をめでながら、スローなバス旅を楽しんだ。【北林靖彦】

 新宮から橿原に向かうバスは1日3本あり、今回は午前9時59分発の「最終便」に乗った。今月9日、新宮…

この記事は有料記事です。

残り1260文字(全文1463文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです