メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外宮迫さんら処分撤回 吉本興業社長が表明
CNF

顔料で重ね描き実現 立体感ある陶磁器開発へ 県が特許出願 /愛媛

「ガラスへの重ね描きも自在です」とCNF入り絵の具で三重の絵付けをしたビーカーを示す愛媛県窯業技術センターの中村健治主任研究員=愛媛県砥部町で、松倉展人撮影

 県は新しい繊維素材として注目されるセルロースナノファイバー(CNF)を陶芸の分野に生かし、CNF入りの絵の具(顔料)で陶磁器に重ね描きする技術を特許出願した。水の中では顔料になじみやすい一方、いったん乾燥すると水に分散しないCNFの特長を生かし、従来の陶磁器ではできなかった重ね描きを可能にした。新たな製品開発が期待される。【松倉展人】

 CNFの原料は植物で、太さ数ナノメートル(ナノは10億分の1)の繊維が解きほぐされている。軽く、頑…

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文895文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  3. エンタメノート 「吉本が悪い」果たして本当か 宮迫さん・亮さんの涙もう見たくない
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. 松本人志さん、吉本社長に会見必要と訴える テレビ生放送で明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです