メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

悪質反則 「監督、コーチが指示」 日大選手が謝罪

記者会見で謝罪する日大の宮川泰介選手=東京都千代田区で2018年5月22日午後3時3分、小川昌宏撮影

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦(6日、東京都調布市)で、関学大のQBを悪質な反則タックルでけがをさせた日大3年生の宮川泰介選手(20)が22日、東京都内の日本記者クラブで記者会見した。反則に至った経緯を「私の独断ではない」と話し、内田正人前監督(62)=19日付で辞任=やコーチらの指示と明らかにした。日大は22日、改めて指示を否定する文書を発表した。

 記者会見には約360人の報道関係者が集まった。代理人の弁護士は「顔を出さない謝罪はない」と実名で会見に臨んだ理由を説明した。記者会見の冒頭、日大選手は緊張した表情で負傷させた関学大選手や家族らに「大きな被害と多大なるご迷惑をおかけしたことを謝罪したい」と述べ、約15秒間にわたり深々と頭を下げた。代理人は18日に両親とともに関学大選手と両親らに面会して謝罪したことを明らかにした。日大選手によれば、関学大選手は「うなずく形」で謝罪を受け入れたという。日大選手は用意した陳述書で「相手選手に卑劣な行為でけがをさせてしまった。事実を明らかにするのが償いの第一歩」との思いを記した。

 陳述書での説明によると、「闘志が足りない」などと試合3日前に定位置から外され、選ばれていた大学生の日本代表の辞退も言い渡された。井上奨コーチを通じて内田前監督から「相手のQBを1プレー目で潰せば出してやる」と言われた。同コーチからも「QBがけがをして秋の試合に出られなかったらこっちの得」などと迫られた。

この記事は有料記事です。

残り868文字(全文1497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです