メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の半島情勢

ドキュメント 北朝鮮核実験場廃棄、きょう着手 政治ショー化の恐れ IAEA招かれず

北朝鮮の豊渓里

 【ワシントン会川晴之、ウィーン三木幸治】6月12日に予定される米朝首脳会談を前に、北朝鮮は北東部豊渓里(プンゲリ)で23日から3日間の日程で地下核実験場の爆破、閉鎖作業に着手する。22日には作業を取材する米国や中国など外国メディアの取材団が、北京から北朝鮮東部の元山に入った。ただし、「核の番人」と呼ばれる国際原子力機関(IAEA)や、世界の核実験を監視する核実験全面禁止条約機関(CTBTO)など専門機関は招待されていない。非核化に前向きな姿勢を訴える「政治ショー」となる可能性がある。

 豊渓里の地下核実験場ではこれまで6回の実験が実施された。2006年10月の1回目は東側坑道、2回目…

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1110文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  2. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  3. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  4. 「通学バス、給食の手配が間に合わない」休校や短縮授業の学校も 拳銃強奪
  5. 「おとなしくて真面目な印象。トラブルや苦情ない」東京の容疑者自宅マンション管理人 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです