メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

原発にテロ対策施設? 攻撃受けても炉の冷却継続 核の安全確保、世界的課題=回答・岩間理紀

テロ対策の拠点施設の着工が認められた川内原発1号機(右手前)=鹿児島県薩摩川内市で2015年7月6日、本社ヘリから和田大典撮影

 なるほドリ 九州の原発でテロに備えた施設(しせつ)ができるんだって?

 記者 2001年の米同時多発テロ以降、原発など核(かく)施設への攻撃(こうげき)や核燃料物質(ねんりょうぶっしつ)の盗難(とうなん)を防ぐ「核セキュリティー」が世界的に課題となってきました。日本ではやや対応が遅れ、11年3月の東京電力福島第1原発事故を踏まえて作られた原発の新規制基準(しんきせいきじゅん)で、テロなどの際の対応拠点(たいおうきょてん)となる「特定重大事故等対処施設(とくていじゅうだいじことうたいしょしせつ)」(特定施設)の設置が義務付けられました。まず九州電力川内(せんだい)原発1号機(鹿児島県)で今月、特定施設の着工を原子力規制委員会が初めて認可しました。

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文971文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです