メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

国家公務員の不祥事

岡本全勝氏

 公文書を国会答弁と整合するように書き換え、記録があるのに「ない」と主張し続け、揚げ句の果てに財務省の事務方トップがセクハラ問題で辞任せざるを得なくなった。優秀とされてきた日本の国家公務員のモラルはどこへいったのか。耳を疑うような不祥事がこのところ相次いでいる背景に何があるのか。

現場の声、政策に生かせ 岡本全勝・内閣官房参与

 中央省庁で問題が相次ぐ現状は国民の官僚への信頼を大きく損なうもので、非常に残念だ。一連の問題を(1…

この記事は有料記事です。

残り4325文字(全文4538文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです