連載

論点

ニュースをそれぞれ立場を異にする専門家や識者らが意見を交わします。

連載一覧

論点

国家公務員の不祥事

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
岡本全勝氏
岡本全勝氏

 公文書を国会答弁と整合するように書き換え、記録があるのに「ない」と主張し続け、揚げ句の果てに財務省の事務方トップがセクハラ問題で辞任せざるを得なくなった。優秀とされてきた日本の国家公務員のモラルはどこへいったのか。耳を疑うような不祥事がこのところ相次いでいる背景に何があるのか。

現場の声、政策に生かせ 岡本全勝・内閣官房参与

 中央省庁で問題が相次ぐ現状は国民の官僚への信頼を大きく損なうもので、非常に残念だ。一連の問題を(1)仕事ぶりが適正か(2)人としての立ち居振る舞い(3)官僚機構--の三つに分けて議論したい。財務省の森友学園に関する決裁文書改ざん、防衛省の日報隠しは仕事ぶりの問題だ。森友問題ではなぜ文書の書き換えが行われたのかや、国有地の売却価格が適正だったかどうか、文書が約1年も隠されていた背景など、事実を調査…

この記事は有料記事です。

残り4175文字(全文4538文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集