メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

商工中金

業務改善計画 取締役、過半数を社外に 店舗統廃合も

記者会見で業務改善計画などを発表する商工中金の関根正裕社長=東京都中央区で22日、土屋渓撮影

 不正融資問題を起こした商工中金は22日、業務改善計画を経済産業省に提出。取締役会改革として、過半数を社外取締役にするなどの役員人事を発表した。財務省出身の稲垣光隆氏ら副社長2人が不正の責任をとる形で退任し、正副社長から官庁天下りが消える。3割以上の店舗を対象に統合や機能縮小を進める方針も明らかにした。【深津誠】

 人事は6月の株主総会で正式決定する。取締役は7人のうち4人を社外取締役にし、監査役も4人中3人を社…

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文848文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 マスコミの政治報道 迫り来る?うっすらとした恐怖
  3. 世界一大きい金魚すくい 何匹すくえる? 藤沢であす /神奈川
  4. 日本酒 SAKE人気、急上昇 輸出、8年連続最高
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]