メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ハマりました。

「野菜笛」作り 鮮度が命、最後はおいしく

 子どもの頃に、草花で「笛」を作った人は数知れず。でも、ニンジン、キャベツ、ネギだって音が鳴るって知っていますか。「野菜笛」を奏でて13年。岡山県瀬戸内市の小学校教諭、小山淳志(じゅんじ)さん(55)を訪ねた。

 「ついさっきですよ、ずっと鳴らなかったものが鳴りました!」

 4月下旬、記者が小山さんの自宅を訪れるなり差し出されたのは、色つやの良いナスのオカリナだった。表面には、吹き口の四角い穴が一つと、指で押さえる小さい穴が二つ。そこに、ニンジンが突き刺さっている。「ナスは果肉がスカスカで、音が出そうにないと思っていましたが、笛の中に油をしみこませたら成功しました」と小山さん。野菜笛は鮮度が命だ。

この記事は有料記事です。

残り1318文字(全文1618文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 高梨沙羅がGP総合8連覇 ジャンプ女子

  5. 皇室 侍従記録「戦争責任言われつらい」 晩年の昭和天皇吐露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです