メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

聖火ランナーに他薦 応募条件、自薦に加え検討

 2020年東京五輪・パラリンピックの聖火ランナーの選考方法について、大会組織委員会が応募条件として自己アピールに加え、他薦も求める方向で検討していることが22日、明らかになった。自薦のみでは応募が増えすぎると予想されるためで、12年ロンドン大会と16年リオデジャネイロ大会でも他薦が必要としていた。

 組織委は同日、東京都内で非公開で会議を開き、47都道府県の担当者に基本指針を配布し、ルート…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. 京都縦貫道沓掛IC付近で土砂崩れ 3台巻き込まれ、2人軽傷

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです