メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

悪質タックル 再三圧迫、追い込まれ 日大選手、実名で証言

記者会見に臨む日大の宮川泰介選手(中央)=東京都千代田区で2018年5月22日午後2時45分、小川昌宏撮影

 東京都内の日本記者クラブで22日にあった日本大アメリカンフットボール部3年生の宮川泰介選手(20)の記者会見では関西学院大の選手を負傷させた悪質なタックルに及ぶまでの心理が生々しく語られた。「やらなければ後がないと思った」。内田正人前監督(62)=19日付で辞任=らは選手を定位置から意図的に外し、厳しい言葉で追い込んだ。20歳の若者は謝罪のため、悲壮な覚悟で実名と顔を公表した。真相をあいまいにしてきた大学と指導者の責任は重い。【松本晃、倉沢仁志】

この記事は有料記事です。

残り2168文字(全文2394文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. しまねの高校探訪 隠岐水産/浜田水産 /島根

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです