メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

悪質タックル 再三圧迫、追い込まれ 日大選手、実名で証言

記者会見に臨む日大の宮川泰介選手(中央)=東京都千代田区で2018年5月22日午後2時45分、小川昌宏撮影

 東京都内の日本記者クラブで22日にあった日本大アメリカンフットボール部3年生の宮川泰介選手(20)の記者会見では関西学院大の選手を負傷させた悪質なタックルに及ぶまでの心理が生々しく語られた。「やらなければ後がないと思った」。内田正人前監督(62)=19日付で辞任=らは選手を定位置から意図的に外し、厳しい言葉で追い込んだ。20歳の若者は謝罪のため、悲壮な覚悟で実名と顔を公表した。真相をあいまいにしてきた大学と指導者の責任は重い。【松本晃、倉沢仁志】

 関学大との定期戦(6日、東京都調布市)での悪質なタックルはソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で映像が拡散した。日大選手がプレーが終わっても、ボールの動きを無視してQB(クオーターバック)を追い回す衝撃の光景は、こんなやり取りから生まれた。「リード(ボールを追う動き)をしないで、QBに突っ込みますよ」。日大選手は試合前に、どうQBを潰すかの動きを確認した。高校時代から指導を受けていた井上奨コーチからはこう念を押された。「できませんでしたじゃ、すまされないぞ」

 フェアプレーを逸脱した行為のきっかけは試合の3日前に突然訪れた。「闘志が足りない」と練習を外された。大学生の日本代表の辞退も申し渡された。頭の丸刈りも命じられ、試合前日に井上コーチから今回の核心が伝えられた。「監督にお前をどうしたら試合に出せるか聞いたら、相手のQBを1プレー目で潰せば出してやると言われた」。「潰す」は乱暴な言葉だが日大に限らず、アメフットでは激しいプレーを促すときに使う。だが、…

この記事は有料記事です。

残り1730文字(全文2394文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです