メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮核実験場

爆破は24日以降か 取材団出発遅れ

豊渓里の位置

 【ソウル堀山明子】北朝鮮は23日、北東部の豊渓里(プンゲリ)の地下核実験場の爆破式典の予告期間に入った。外国メディア取材団は23日午前現在、滞在先の東部・元山(ウォンサン)で実験場へ向かう特別列車の出発を待っているが、移動には計18時間かかるため、爆破は24日以降とみられる。予告期間は25日まで。

 取材団に加わった英スカイニュース記者は23日午前9時半(現地時間)ごろ、自身のツイッターに「天気予報は晴れなのに、天候を理由に移動できないと言われた」と元山から投稿。出発の遅れについて「韓国人記者を待っているのでは。(元山の)プレスセンターには彼らの名札がある」と記した。

 記者によると、列車は当初22日午後7時に出発する予定だったが、直前になって中止を告げられた。核実験場までは列車で12時間、バスで4時間移動した後、徒歩で2時間の登山が必要という。

 またスカイニュース(電子版)によると、北朝鮮当局は元山の空港で、スカイニュース取材陣の衛星電話と放射線量を測る線量計を没収。抗議に対し当局者は「核実験場は安全で線量計は必要ない」と答えたという。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
  5. 大阪震度6弱 電車脱線、シマウマ脱走…デマ拡散 注意を

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]