夏目漱石

英留学中の直筆はがき、1世紀ぶり確認 福井で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
夏目漱石が藤代禎輔に送った絵はがき=福井市の福井県庁で2018年5月21日午前11時48分、大森治幸撮影
夏目漱石が藤代禎輔に送った絵はがき=福井市の福井県庁で2018年5月21日午前11時48分、大森治幸撮影

 福井県は23日、英国に留学中だった夏目漱石(1867~1916年)が1900、01年、友人に宛てて書いたはがき3通が見つかったと発表した。「僕ハ独リボツチデ淋イヨ」などの記述があり、専門家は「留学生活の様子がうかがえる貴重な史料」としている。

 はがきは、漱石と同じ船でドイツに留学した国文学者の芳賀矢一(1867~1927年)と、ドイツ文学者の藤代禎輔(1868~1927年)に宛てている。いずれも17年から刊行された「漱石全集」(岩波書店)に文章だけが掲載され、その後…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文591文字)

あわせて読みたい

注目の特集