メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏目漱石

英留学中の直筆はがき、1世紀ぶり確認 福井で

夏目漱石が藤代禎輔に送った絵はがき=福井市の福井県庁で2018年5月21日午前11時48分、大森治幸撮影

 福井県は23日、英国に留学中だった夏目漱石(1867~1916年)が1900、01年、友人に宛てて書いたはがき3通が見つかったと発表した。「僕ハ独リボツチデ淋イヨ」などの記述があり、専門家は「留学生活の様子がうかがえる貴重な史料」としている。

 はがきは、漱石と同じ船でドイツに留学した国文学者の芳賀矢一(1867~1927年)と、ドイツ文学者の藤代禎輔(1868~1927年)に宛てている。いずれも17年から刊行された「漱石全集」(岩波書店)に文章だけが掲載され、その後…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文591文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. ふるさと納税でアマゾンギフト券100億円 泉佐野市が総務省に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです