メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米韓首脳会談

トランプ氏、米朝会談見送りの可能性言及

握手する韓国の文在寅大統領(左)とトランプ米大統領=ホワイトハウスで22日、AP

 【ワシントン高本耕太、渋江千春】トランプ米大統領と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は22日、ホワイトハウスで会談した。ロイター通信によると、トランプ氏は冒頭、6月に予定される米朝首脳会談について、「会談が開催されれば素晴らしいものになるが、開催されなくても構わない」と述べ、会談見送りの可能性に言及した。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の非核化を巡る姿勢については「真剣だが、米国が求める条件が満たされなければ会談は開かれない」とも述べた。

 北朝鮮は会談中止を示唆するなど強硬姿勢を見せている。トランプ氏と文氏は米韓同盟の連携を確認。朝鮮半島の非核化の手法や、北朝鮮の体制保証などに関する「交渉戦略」について、突っ込んだ議論をするとみられる。

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文1021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです