メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相官邸前

「高プロ」削除求め 過労死遺族が座り込み

 過労死の遺族らでつくる「全国過労死を考える家族の会」は22日、高所得の一部専門職を労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)の規定を働き方改革関連法案から削除するよう求め、首相官邸前で座り込みをした。「高プロは過労死を促進する。強行採決は許されない」と訴えた。

 座り込みは午後1時半から夕方まで続いた。2013年…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

  5. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです