メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明治書院

苦節58年 「新釈漢文大系」全120巻完結

「新釈漢文大系」全120巻、別巻1冊が58年かけて完結し、第1巻の「論語」を手に笑顔を見せる明治書院の三樹蘭社長=東京都新宿区の日本出版クラブで2018年5月22日午後3時47分、藤井太郎撮影

 58年をかけて中国の古典をまとめた全集「新釈漢文大系」全120巻(別冊1巻)が今月完結し、版元の明治書院(東京都新宿区)が22日、都内で発表会を開いた。刊行開始時の5人の編集委員は全員死去、編さん・執筆に関わった約130人の漢文学者らも大半は完結を見ずに亡くなった。遺志を継いできた関係者は「ようやく完結した」と感慨ひとしおだ。半世紀以上かけた刊行事業は、日本の出版史上でもまれという。

 「新釈漢文大系」は、戦後、漢文になじみのない世代が増えたため、中国古典の全容を改めて紹介しようと1…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文698文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  3. 東日本大震災 県内の大気中の放射線量 /埼玉
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです