明治書院

苦節58年 「新釈漢文大系」全120巻完結

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「新釈漢文大系」全120巻、別巻1冊が58年かけて完結し、第1巻の「論語」を手に笑顔を見せる明治書院の三樹蘭社長=東京都新宿区の日本出版クラブで2018年5月22日午後3時47分、藤井太郎撮影
「新釈漢文大系」全120巻、別巻1冊が58年かけて完結し、第1巻の「論語」を手に笑顔を見せる明治書院の三樹蘭社長=東京都新宿区の日本出版クラブで2018年5月22日午後3時47分、藤井太郎撮影

 58年をかけて中国の古典をまとめた全集「新釈漢文大系」全120巻(別冊1巻)が今月完結し、版元の明治書院(東京都新宿区)が22日、都内で発表会を開いた。刊行開始時の5人の編集委員は全員死去、編さん・執筆に関わった約130人の漢文学者らも大半は完結を見ずに亡くなった。遺志を継いできた関係者は「ようやく完結した」と感慨ひとしおだ。半世紀以上かけた刊行事業は、日本の出版史上でもまれという。

 「新釈漢文大系」は、戦後、漢文になじみのない世代が増えたため、中国古典の全容を改めて紹介しようと1960(昭和35)年に刊行を開始した。「論語」や「老子・荘子」「大学・中庸」など中国の主要古典を網羅。平均500ページ、6600~1万2500円で累計165万部を販売し、今月の「白氏文集 十三」で完結となった。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文698文字)

あわせて読みたい

ニュース特集