メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道

骨化石、アザラシ仲間「アロデスムス」新種と判明

アロデスムスの新種の頭骨を指す発見者の井上清和さん=足寄町で2018年5月22日、鈴木斉撮影

 北海道足寄町の足寄動物化石博物館は22日、浦幌町の川で1991年に見つかった骨の化石が、アザラシと同じ祖先を持ち、約1000万年前に絶滅したとされる海生哺乳類「アロデスムス」の新種と分かったと発表した。ほぼ全身の骨格が確認された。発掘地層などから約1500万年前の個体の可能性が高く、アロデスムスの化石としては国内最古という。

 沢村寛館長ら4人の研究者による研究論文が、英国の学術誌「ロンドン王立協会オープンサイエンス」に掲載された。新種は発見された浦幌を示すアイヌ語にちなみ「アロデスムス・ウライポレンシス(浦幌のアロデスムス)」と命名された。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  4. 最高級車「センチュリー」購入を反省 山口県知事「検討十分でなかった」 

  5. 米総領事館、香港の活動家4人の政治亡命を拒絶 米中対立を避ける思惑か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです