メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

悪質反則、意図的なら傷害罪も

関学大QBにタックルする日大の選手=関学大提供の動画から(画像の一部を加工しています)

 スポーツでは競技中に相手にけがをさせてしまうケースも少なくない。今回のアメリカンフットボールの悪質なタックルが刑事事件として立件されることはあるのだろうか。

 国士舘大の入沢充教授(スポーツ法学)は「スポーツは当事者同士がある程度の危険を承知しているため、刑事責任には問わないという社会通念が強い。違反や悪質なプレーは競技のルールで罰せ…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです