メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茨城国体

「eスポーツ」大会開催 初の都道府県対抗

 茨城県は22日、2019年秋に県内で開かれる第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」に合わせ、コンピューターゲームによる対戦競技「eスポーツ」の都道府県対抗大会を開催すると発表した。都道府県対抗のeスポーツ大会は全国初という。

 県によると、人気サッカーゲーム「ウイニングイレブン」(コナミデジタルエンタテインメント)を使用。3人1チームで画面上のサッカー選手たちを操り、相手チームと対戦する。

 少年(高校生)と成年の2部門に分け、19年2~7月に各都道府県の予選会で代表チームを選出。同国体の文化プログラムとして、開催期間(19年9月28日~同10月8日)に合わせて3日間の日程で開く予定。県内に大型スクリーンと観客席を備えた会場を設け、代表チームも実際に会場に集まってプレーするという。

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  5. 「猫にマタタビ」の謎 研究のため朝夕掃除でご機嫌取り 教授の腕でも実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです