メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

セクハラ問題で暴言続々 「女性活躍」程遠く 不十分な被害者救済

閣議後、セクハラ問題について記者団の質問に答える麻生太郎副総理財務相(中央)=首相官邸で2018年5月18日、川田雅浩撮影

 「すべての女性が輝く社会」という看板が薄汚れている。福田淳一・前財務事務次官のセクハラ問題では、被害女性への配慮に欠けた発言を繰り返した麻生太郎副総理兼財務相だけにとどまらず、自民党議員から問題発言が相次いだ。政府・与党は本当に女性が輝ける社会を目指しているのか。【小松やしほ】

 「(福田氏が)はめられた可能性は否定できない」「セクハラ罪という罪はない」「本人が(セクハラは)ないと言っている以上、あるとは言えない」--。問題発覚後の麻生財務相の“暴言”の数々だ。

 弁護士の早田由布子さんはため息交じりにこう話した。「トップとして、率先して『セクハラは絶対に許さない』という態度を示すべきところです。その逆で“率先して”自ら被害者をおとしめる発言をする。女性のことを全く考えていません」

この記事は有料記事です。

残り2438文字(全文2782文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  3. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  4. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  5. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです