メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

佐多達枝 音楽の圧倒的力、乗せて 合唱舞踊「カルミナ・ブラーナ」演出

指導する佐多達枝=宮武祐希撮影

 中世ヨーロッパの若者が生の哀歓をうたった詞華集「カルミナ・ブラーナ」。19世紀に南独の修道院で発見され、20世紀にカール・オルフが作曲した。そして21世紀の東京で「合唱舞踊劇」として、8度目の上演を迎える。演出は「O.F.C.」の芸術監督、佐多達枝。「音楽の圧倒的な迫力を、そのまま舞台に乗せたい。お客様に元気を持ち帰っていただければ」と、86歳にして意気軒高だ。

この記事は有料記事です。

残り984文字(全文1167文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 行政ファイル 福山で15人食中毒 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです