メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

佐多達枝 音楽の圧倒的力、乗せて 合唱舞踊「カルミナ・ブラーナ」演出

指導する佐多達枝=宮武祐希撮影

 中世ヨーロッパの若者が生の哀歓をうたった詞華集「カルミナ・ブラーナ」。19世紀に南独の修道院で発見され、20世紀にカール・オルフが作曲した。そして21世紀の東京で「合唱舞踊劇」として、8度目の上演を迎える。演出は「O.F.C.」の芸術監督、佐多達枝。「音楽の圧倒的な迫力を、そのまま舞台に乗せたい。お客様に元気を持ち帰っていただければ」と、86歳にして意気軒高だ。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定
  3. 世界最高齢男性 足寄町の野中正造さん113歳 長寿の秘訣は「マイペース」 /北海道
  4. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです