メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演歌・歌謡ラボ

村木弾/山田姉妹=専門編集委員・川崎浩

村木弾 これからは個性を

 2016年2月に「ござる~GOZARU」という前例の少ないタイトルの曲でデビューした村木弾も、昨年「都会のカラス」、そして今年「親父の手紙」(コロムビア)と順調に新作の発表を続けている。恩師は演歌の大作曲家の故・船村徹だが、“身柄を預かっている”のは歌手の舟木一夫。野武士のような古風な物言いが村木に似合うと、舟木が「ござる」の詞を書いた。新作は「歌の父・船村先生」にささげるため選んだ船村作品。

 「12年半一緒にいても、こと歌に関しては怖い先生でした。プロは自分の満足より聴いている人に喜びを与…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文701文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  2. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  3. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  4. 安田さん解放 妻のMyuさん「よく頑張ったね」
  5. 会見 麻生氏「飲み倒した人の医療費、払うのあほらしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです