メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演歌・歌謡ラボ

村木弾/山田姉妹=専門編集委員・川崎浩

 2016年2月に「ござる~GOZARU」という前例の少ないタイトルの曲でデビューした村木弾も、昨年「都会のカラス」、そして今年「親父の手紙」(コロムビア)と順調に新作の発表を続けている。恩師は演歌の大作曲家の故・船村徹だが、“身柄を預かっている”のは歌手の舟木一夫。野武士のような古風な物言いが村木に似合うと、舟木が「ござる」の詞を書いた。新作は「歌の父・船村先生」にささげるため選んだ船村作品。

 「12年半一緒にいても、こと歌に関しては怖い先生でした。プロは自分の満足より聴いている人に喜びを与えろ、と教えられた」と思い出を語る。「これから後は、誰かのまねじゃなく、どうやって長い間聴衆にかわいがられる個性を出すか」

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 米女優、ケリー・プレストンさん死去 ジョン・トラボルタさんの妻

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 熊本の老舗うなぎ屋、秘伝のたれが浸水 再起に向け清掃作業

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです