メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演歌・歌謡ラボ

村木弾/山田姉妹=専門編集委員・川崎浩

村木弾 これからは個性を

 2016年2月に「ござる~GOZARU」という前例の少ないタイトルの曲でデビューした村木弾も、昨年「都会のカラス」、そして今年「親父の手紙」(コロムビア)と順調に新作の発表を続けている。恩師は演歌の大作曲家の故・船村徹だが、“身柄を預かっている”のは歌手の舟木一夫。野武士のような古風な物言いが村木に似合うと、舟木が「ござる」の詞を書いた。新作は「歌の父・船村先生」にささげるため選んだ船村作品。

 「12年半一緒にいても、こと歌に関しては怖い先生でした。プロは自分の満足より聴いている人に喜びを与…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  3. NGT暴行被害、新潟知事が言及「早く解明し正常に戻って」
  4. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  5. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです